2017-11

スポンサーサイト

--------

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカウンティングから人称まで 

2009-07-09

Category :未分類

ゆえあって
というと大げさに聞こえるかもしれませんが
まあ、私の中ではけっこう大きなことがあって
目下簿記の勉強をしています

お金とか数字の計算とか
もっとも苦手とする分野なのに
われながら偉い!
と、他に誰もほめてくれないから
(YMさんを除く)
自分で言っておこう

超初心者なので
見ること聞くことすべて新鮮
脳トレには最適!!

accounting「会計」とか「経理」の語源がcount「数える」である
というのは、金勘定という日本語にも通じるものがあります

そして近頃よく聞く企業のアカウンタビリティが「説明責任」と訳されるのが
すご~くよくわかりました

お金がどう動いたかをきっちり説明がつくように記録しておくのが簿記とか経理とか会計とか
そういう仕事のキモなのだわ

で、お金だけではなくいろいろなことの経過とか理由とか今後の方針とか
社外の人にもきっちりわかるように説明すること
という風に展開していったのね

でも簿記に関しては正直めんどうなことやってるのね!
と思うことがなくはないが
それはただただ私が簿記の入門編をチラッとやっただけだから
というのもわかっております

わかりにくいのはまず初日に出てきた借り方と貸し方
お金借りてるのに貸し方に記入とか

これは英語で言うと3人称単数現在というのと同じようなものかも
僕の英語は中学1年の夏休みでとまっています
という人がたまにいるのですが
彼らにとってこの人称というのがくせものらしく
人でなくても「私(たち)」「あなた(たち)」以外は
「人」でも「もの」でも「ことがら」でも
ぜ~~~んぶ3称だというのがぴんとこないらしい

そんなこともあって
TOEIC初級クラスなどでは
極力文法用語を使わないで授業しています
それでも260から730まで上がった人は上がったのだ!





* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://510486.blog68.fc2.com/tb.php/19-21e13bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本語を教える Teaching Japanese *TOP* 恐怖症 Phobia

プロフィール

ういすてりあ

Author:ういすてりあ
神戸生まれ
横浜育ち
福岡在住

勝間和代も香山リカも目指さないが
とりあえず前に進むのだ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

英検1級単語ドリル


英検準1級単語ドリル


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。