2017-07

スポンサーサイト

--------

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国と地方自治体 Central and Local Governments

2009-09-09

Category :社会

半日かけて
税務署と県税事務所と市の法人課税課とをまわって
法人設立届けを出しました

税務署は
以前会社の定款に貼る印紙のことをたずねて電話したとき
何度もお詫びと訂正の電話がきたので
今日はどうだかな、と勇んで行ったところ
やっぱり???

                                 ⇒ 定款に貼る印紙問答はこちら


まず受付で記入用紙をもらって
いくつか質問をすると
今専門の者が来ますので

この流れでいくと
お待たせしましたと現れるのは
その「専門の者」のはず

「不勉強で申し訳ありません。
後で調べてお電話しますので」

え~っ、それじゃ今日は届けを出せないってことですか?

数ページの書類の書き方を説明しているうちに
何冊か本を抱えてきて
その問題は解決


更なる質問には
「ここにこう書いてありますので
そういうことはできないことになります
こうされないとあとでつっこまれるかもしれません」

しれませんって
つっこむのはあなたのところでしょ?

「でもこれこれこうなので
そこに書いてあるこれじゃだめなんですか」

「う~ん、その場合はここのこれとみなされて
課税されることもあります」

こともありますって
課税するかしないのか決まってないのですか?

税務署員の個人的な判断によるんですかねぇ



県と市はとっても簡単でした


しかしです
以上の3か所のどこも
まず受付には
比較的若い女性がいて
奥から比較的若くない女性(2か所)か男性(1か所)が出てきます

3か所のうち1か所の受付は「非常勤職員」という肩書きのネームプレート着用

特に県と市は
1枚の書類の上半分に
会社の名前と所在地、そのほか2,3か所記入するだけ

そりゃ若年層の雇用は今や大きな問題ですから
せっせと雇ってあげる必要があるかもしれませんが
「この用紙のここに記入して捺印すればOKですぅ」
くらい教えておけば
1人でぱぱっと済むんじゃないんでしょうかね

あるいは呼び鈴1つ置いといても。。。。


今日はぜんぜん英語に関係ない話で終わりっ


* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://510486.blog68.fc2.com/tb.php/69-bd752e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国と地方自治体 その2 Central and Local Government vol. 2 *TOP* ホームページ建設中 Our website is under construction

プロフィール

ういすてりあ

Author:ういすてりあ
神戸生まれ
横浜育ち
福岡在住

勝間和代も香山リカも目指さないが
とりあえず前に進むのだ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

英検1級単語ドリル


英検準1級単語ドリル


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。